ブログ

会社の職場環境を良くするために必要な考え方

2019年5月28日

職場環境や雰囲気が悪い会社ほど苦痛なことはないですね。

毎日行く会社の雰囲気が最悪だったら本当に毎日の生活が苦痛です。朝起きて一番最初に考えることは「会社に行きたくないなー」ですね。

こんな状態が毎日だった場合、人生に悪影響を及ぼすこと間違いありませんね。

職場環境は良いに越したことないですよね。この問題はどこの会社でもあることだと思います。

 

 

職場には色んな価値観を持った人達が存在している

組織は色んな価値観の共同体です。

長く勤務されている人、モチベーションが高い人、モチベーションが低い人、無関心の人…。

職場は価値観のぶつかり合いです。もはや戦場です。

これだけ色んな価値観を持った人が小さな組織で働くとなると、上手くいくほうが難しいです。

私も人間関係には物凄く揉まれてきましたが職場環境をよくするのは仕組みではないということを痛感し、まずは人間を理解してみようということからNLPに出会いました。

まず職場環境を良くする為には人にはそれぞれ「価値観」を持っていることを理解することが大切です。こんなことくらい誰でも知ってますよね。

しかしこの価値観というものが、どれだけ厄介なものかということを深く理解している人は少ないと思います。

 

価値観を簡単に説明すると「基準」のこと

自分の価値観「基準」に大きく外れた人を見たら怒りがこみ上げる方もいらっしゃるのではないかと思います。

逆に価値観「基準」に共感する行動や言動をする人がいると好意を抱くことになります。

プロ野球でも好きな球団が一緒だった瞬間に「いい奴だ」となるってことですね。

それは価値観が一緒だからであり、真実ではないということがわかると思います。

自分にとって大切にしていることとも言い換えることができますね。それが強ければ強いほど、好き嫌いがハッキリしてきます。

自分の中に強い価値観を持っている場合は、他人に対して強く共感したり、強く批判するというような反応を示す人が多いということです。

 

 

価値観があると真実を見ることが難しくなる

価値観は「基準」です。

自分にどんな基準が存在しているかなんて全て回答できる人は少ないと思います。

そもそも、そんなこと考える人はあまりいませんね。自分も知らないうちに、無意識に自分の価値基準をベースに物事を見て判断しています。

自分の価値基準で好き嫌い、善悪を決定していることが多く、それは真実を直視することができないということになります。

そして知らないうちに人を傷つけてしまっているということも知っておかなければいけません。

年齢がいくほど価値観がガッチリと決まってきます。頑固オヤジと化してきたら厄介ですよね。

何を言っても価値観が邪魔をします。真実を見ることができない為、選択や決断を間違えてしますということも多くなります。

もうあの人に言っても仕方ないって思われたら、話をしてくれなくなってしまいます。

組織の上になればなるほど、自分の価値基準に対しての理解は凄く重要になってきます。

 

 

自分や他人の価値観に関心を持つことが凄く大切

価値観は誰もが持っているものです。自分に沢山の価値観があることをまずは理解する。

それを同じように他人にも無数の価値観が存在していることも理解しないといけません。

そして自分含め、他人の価値観にはどんなものがあるのか関心を持つことが大切です。

価値観とは「基準」のことです。相手がどんな「基準」を持っているのか知っておく必要があります。

組織の人間関係やプロジェクトを円滑に進める為には、価値観に意識をむけることが重要なんです。

 

 

職場環境を良くする為には、価値観を大切にしてみること

職場環境を良くする為には、人間を理解する必要があります。

まず自分がどんな人間なのか、そして職場で働く先輩、同僚、後輩がどんな人間なのか。

飲み会とかで表面的な人間の理解ではなく、真剣に相手を理解し受け止めようとすることが、

職場環境を良くするために必要なことだと思っています。

 

お問合せ

 

 

-ブログ

Copyright© being , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.